伝えたい言葉なんてない

昔詠んだ歌、今詠む歌

初七日

 

手洗いの 喪服が揺れる 夏の軒

初七日の 経をよんだか 蝉の聲